スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

All Ends

このところいい作品に出合えず間が空いてしまいました。
さてちょっと前の作品になるんですけどすごく気に入ったので紹介しちゃいます。
All Ends
41xy7rMsC8L__SL500_AA240_.jpg

IN FLAMESにそのまま女性ヴォーカルをぶち込んだかのようなヘヴィなサウンド。
LULLACRYを想像してもらえばいいだろうか。ポップな曲においてもヘヴィな曲においても「強い」ヴォーカル・メロディが際立っている。
まとまりすぎて中毒性はあまりないかもしれないが。今後の改善点としては、女性二人のコーラスワークであろう。は持ってる部分もあるんだけど、そこまでぐっとと来ないんだよね。でも十分完成度が高くて、一発で気に入りましたけど。
EPにも収録されているWasting Timeはぜひ一聴を。


ALL ENDSは、スウェーデンで、2003年に結成。初期メンバーは、EMMA GELOTTE(エマ・ゲロッテ)、TINNA KARLSDOTTE(ティナ・カールスドッテ)の女性ツイン・ヴォーカルに、EMMA の実兄でIN FLAMES(イン・フレイムス)のギタリストBJORN GELOTTE(ビヨルン・ゲロッテ)と、同じくIN FLAMES のJESPER STROMBLAD(イェスパー・ストゥルムブラッド)、そしてJOSEPH(ヨセフ)。
だがIN FLAMES の活動がより本格的となったことでバンドの兼任が難しくなったためIN FLAMES 組の2 人は、ソング・ライターとして後方支援に回るとともにバンドを去る。そして新たに、FREDRIK(フレデリック)、PETER(ピーター)の経験と腕の確かなギタリストが加入し、現在のメンバーが固まった。
このアルバムAll Ends(セルフタイトル)は2007年のもので日本版は2008年リリース。
プロデューサーはWITHIN TEMPTATION、RAGE で知られるCHRISTIAN WOLFF。



スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

2009-11-26 : 洋画 : コメント : 3 : トラックバック : 2
Pagetop

ALESANAの新作〝The Emptiness〟

エモ、スクリーモなどのレーベルTRIPLE VISIONのHPを覗いてみたらALESANAの新作〝The Emptiness〟のアートワークとトラックリストが公開されていました。1月26日リリースです。マイスペでは11日に告知されてたみたいです(汗
あとSCREAM OUT210 に参戦予定。絶対行こっと。

以下HPより引用。
emptiness_400.jpg


Tracklisting:
1. Curse Of The Virgin Canvas
2. The Artist
3. A Lunatic's Lament
4. The Murderer
5. Hymn For The Shameless
6. The Thespian
7. Heavy Hangs The Albatross
8. The Lover
9. In Her Tomb By The Sounding Sea
10. To Be Scared By An Owl
11. Annabel

Alesana myspace → http://www.myspace.com/alesana

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

2009-11-18 : その他 : コメント : 2 : トラックバック : 3
Pagetop

shadows fall

Shadows fall
61hQBHpOhUL__SL500_AA240_.jpg  Retribution

メタルコアバンドの6th。メタリックでメロディアス。ギターソロが多く、速い曲の多めなアルバム。
僕的には正統派HMに通じるところがあると思います。
密度が高い割には、尖っていなくて聴きやすい音です。
KILLSWITCH ENGAGEやSoilworkが好きなひとにいいんじゃないかな。


ものすごい長いドレッドを振り回すライブが定番みたいです。


myspace→http://www.myspace.com/shadowsfall

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

2009-11-16 : Shadows fall : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

パッチ ・ アダムス

    パッチ・アダムス 
41AH4Q64VWL__SL500_AA240_.jpg監督 トム・シャドヤック   主演ロビン・ウイリアムス

最近ヒューマンドラマの映画をよく見ます。その中でもおすすめはこれ、パッチ・アダムス。めっちゃ笑えるし、めっちゃ切ないし、めっちゃ感動、よくできた名作です。しかも実話がもとになっています。町医者として12年間、15万人を越える患者を無料診療したハンター・アダムスを描いています。


ちょっとネタばれ気味ですがあらすじを。

物語はロビン・ウイリアムスが演じるパッチが、精神病院に任意入院するところから始まる。彼は自分の人生の道を見失っていた。しかし精神病院で患者と触れ合っていく仲で自分の道は医者になると決心する。
84828view002.jpg

普通の医者は患者との距離を置く。でもパッチはそれは間違いだと主張した。患者の目線で、同じ人間として接することこそが真の医者だという信念を持っていた。パッチが子供たちを笑顔にする姿は本当の道化です(笑

作品から伝わってくるのは
・信念を貫け!
・人に幸せを与える人生こそより良い人生


どちらも今の社会が忘れかけていることです。人からの見返りをもとめることしか考えない人が多い昨今です。この映画は大事なことを気づかせてくれました。非常にメッセージ性が強いストーリーでした。人生に疲れたときにどうぞ。



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2009-11-16 : 洋画 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

silverstein

silverstein

A Shipwreck in the SandA Shipwreck in the Sand
myspace ↓ http://www.myspace.com/silverstein



Silversteinは、カナダのスクリーモバンドで、今回のアルバムは4枚目。
昨今「脱スクリーモ」を行うバンドが増えている中、彼らは1thから路線を変えていない筋の通ったバンド。
音はキャッチーなメロディーのなかにスクリームを混ぜているような感じ。クリーンボイス:スクリーム=7:3くらいといった割合。もちろん捨て曲なし。最近こればっかきいてます。ちょっとびっくりしたのが#8のBorn Deadという曲。SUM41にそっくりです。さすがカナダつながり?なのか。
4thが気に入った方は過去の作品もチェックすることをおすすめします。ちなみに僕は全部持ってます。



記念すべきレビュー1枚目のアルバムです。レビューなんて読むばっかで書くのは初心者なので、稚拙な文章であることをお許しください。これから少しずつ勉強していいレビューが書けるようにがんばります。




2009-11-16 : Silverstein : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

calendar

プロフィール

こーふぃ

Author:こーふぃ
Rockspaceへようこそ!

メタル、スクリーモなど激しい音楽が大好きです。

新旧問わずおすすめできるアルバムを載せていきます!

最近のお気に入りは、silverstein , alesana

ぜひコメントお願いします。

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。